脱毛チェキ

あなたにぴったりの脱毛法がみつかる「脱毛チェキ」。脱毛サロンや自宅脱毛など様々な脱毛法がありますよね。どれがいいのか迷ってしまいますが、それぞれのメリットやデメリットを見比べて、あなたに合う脱毛法を見つけてみてくださいね。

*

なんの予定もないときにこそしたい「全身脱毛」

zenshin07

サロンでの脱毛は、予約を取ったり、何度も通ったりと時間と手間がかかります。
時間と手間、お金もかかるのですが、サロンでの脱毛はプロのスタッフによって肌を傷めることなく脱毛ができるので、結局は脱毛完了への一番の近道となります。
自己流の間違ったムダ毛処理をして、色素沈着してしまったら、元の肌色に戻すにはかなりの時間がかかります。肌のターンオーバーが活発な10代や20代ならなんとか自力で時間とともに治せるかもしれませんが、そうでない場合はクリニックへ通う必要もあります。色素沈着で黒ずんだ肌は、清潔にしていても不衛生に見えてしまいますから女性としては大問題です。
そこで、ムダ毛処理を必要とするイベントの予定ができる前に、ムダ毛処理をサロンで始めましょう。
披露宴などに着用するドレスは、思った以上に背中や肩があらわになります。デザインによっては脚を出したりすることもあります。背中や襟足等、普段はあまり気にしないため、ムダ毛処理もおろそかになっていることも多いものです。
サロンや理髪店でレザーシェービングという方法もありますが、どうしても肌への刺激があるため、イベント日の数日前に処理して、肌が落ち着いた頃に当日を迎えるというのは、心配ですよね。何の予定もないときにこそ、脱毛を始めて、イベントに備えておいて損はありません。

セルフ脱毛のできるサロン「ベビーフェイス新宿店」

zenshin08

新宿に自分でサロンの機器を使って、光脱毛ができるサロンがあります。
ほかのサロンで脱毛が完了したけれど、ちょっと気になるムダ毛が残っていたり、スタッフの目が気になって脱毛が辛いなどといった人にぴったりの脱毛です。
今まで光脱毛を経験している人にも、そうでない人にも安心の、カウンセリングから始まり、機械の扱い方・施術の仕方を丁寧に教えてくれるサロンです。
カウンセリング→説明→セルフ脱毛→クール・保湿効果のあるジェルを塗布して終了。
セルフ脱毛ではありますが、プロのスタッフの指導を受けての脱毛なので、安全にセルフ脱毛が行えるのです。

料金は10分で2800円です。1時間では16000円となります。
各部位の施術時間の目安としては、顔全体4分、口周りのみ1分、両脇1.5分、両乳輪周り2分、両ヒジ下10分、へそ周り2分、Vラインのみ1分、VIOライン4分、両手甲・指3分、両足甲・指ん1分、といった具合なので、1時間あると、かなりの部位の脱毛ができることになります。
vライン脱毛の参考にはこちらも
VIO脱毛におすすめなクリニック徹底比較!医療脱毛は、この3院で決まり!
友達同士で脱毛をすることもできるので、手の届きにくいところはお互いに助け合うこともできます。

駅から近く、全室個室、明朗会計、予約が取りやすい、10分単位なので無駄がない、といったメリットばかりが目立つセルフ脱毛なら、試してみてもいいんじゃないでしょうか。

公開日: