脱毛チェキ

あなたにぴったりの脱毛法がみつかる「脱毛チェキ」。脱毛サロンや自宅脱毛など様々な脱毛法がありますよね。どれがいいのか迷ってしまいますが、それぞれのメリットやデメリットを見比べて、あなたに合う脱毛法を見つけてみてくださいね。

*

自宅でアンダーヘアの処理をすることのデメリット

   

zenshin06

自宅でアンダーヘアの処理を経験したことない女性って、ほとんどいないのではないでしょうか。
毛量が多いと、ちょっと毛を減らそうと毛抜きで抜いてみたり、下着からはみ出している部分は、カミソリで剃ってみたりと、いろいろなことを試してしまいがちです。
他の人がどのくらいの毛量か、どのくらいの範囲でアンダーヘアが生えているのか、どのくらいが普通なのか、よくわからなくて不安だったりします。
自分で考えて、抜いたり剃ったりすることは、肌を傷めることになります。

無理なムダ毛処理で起こりうる症状
・無理に毛を抜いたり剃ったりすることで、残った毛根から発毛しても、毛穴が皮膚でふさがり、毛が外へ出られずに黒い隆起したほくろのように見える状態になる。
・脱毛で毛根が分割されることで、ひとつの毛穴から数本の毛が生えてきてしまう。
・脱毛箇所に細菌が入って、膿んでしまう。
・脱毛の皮膚への刺激による、色素沈着が起こってしまう。

自宅でのムダ毛処理は、いつでも手軽にできて便利なのですが、いくつものリスクが伴います。
ムダ毛は処理できたけれど、ひとつの毛穴から何本もの毛が生えてきたり、膿んだり、色素沈着してしまって黒ずんだりしたのでは、治すのが大変です。時間に余裕を持って、肌を傷めない脱毛をしたほうがいいですね。

サロンでVIO脱毛をするメリット

zenshin05
最近では、サロンでアンダーヘアのお手入れをする女性が増えてきています。
VIOラインのどこの脱毛をどのくらいまでするのか、いろいろ考えてしまいますよね。
身近で、誰もが経験したことのある脱毛として、下着からはみ出てしまうムダ毛をカミソリで処理というのが一番多いのではないでしょうか?この方法は確かに、簡単ですぐ処理できる方法なのですが、数日で毛が生えてくるだけでなく、チクチクした先の太い毛が生えてきて、痒いし、痛いし、困ったことになってしまいます。
性毛と呼ばれる毛は太く長いので、女性としては、お手入れなしでは過ごせませんよね。
サロンでのVIO脱毛は、すぐにムダ毛がなくなるというわけではありませんが、サロンでのお手入れの回数ごとに、確実に毛の量は減っていくのでお奨めします。
下着からはみ出してしまう部分のムダ毛を、光脱毛などで処理してから、その内側の毛量・形などを考えるのはどうでしょうか。
自己処理をして、埋没毛になったり、チキン肌になったり、細菌感染して膿んだりするより、サロンでプロの手に任せるほうが安全です。正面から見える部分は、スタッフと相談して小さめ三角とか、卵型とか、決められるのでキレイに仕上がると思います。
アンダーヘアを整えておくと、いざ!という時に、焦らなくていいですものね。

 - 未分類

  関連記事

男性用エステ「ダンディハウス」の紹介

男性用エステについて、抵抗がある方が多いと思います。女性用エステは知られていても …

メンズエステのメリット・デメリット

最近、男性でも美意識が高くなり、メンズエステに通う男性が増えてきています。 メン …

ワックス脱毛の仕方、エステと自己流の違い

脱毛する方法に、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛があり、最近はワックス脱毛が注 …